収入証明書不要 バレない

収入証明書不要でバレずにカードローンを利用する

カードローンの利用がバレてしまう原因は?

周囲(同僚や家族など)にカードローンを利用していることがバレてしまう大きな原因は、「郵便物」、「電話」、「カード」などによるものです。申込時にはインターネットなどを使って人知れず行うことが出来たとしても、申し込み内容の確認や審査結果の通知、勤務先として申告されている内容が事実であるかどうかを確認する在籍確認など、様々な状況で電話確認が行われる可能性があります。

同僚にバレないで利用できるかな?

基本的にはそれと分からない状況にしたうえで電話確認が行われるものの、知っている人から見れば明らかにバレてしまうこともあるので十分に注意する必要があります。

また、契約後の書類(契約書、利用明細書など)が送られてくることで家族に知られてしまったり、開封後の書類やカードの適切な保管が出来ていないことでバレてしまうと言った可能性もあります。

どれか一つの理由でバレるという事は少なく、複数の状況証拠が積み重なってバレるという事が多いので、一つでも回避する手段を講じることはバレない利用を試みるうえで非常に大きな意味を持ちます。

小さな原因も徹底して回避すると良い

家族にバレないで借りれる方法

契約後、郵便物やカードの保管方法などを意識することはもちろんですが、契約時、もしくはそれ以前の準備の段階でもしっかりと意識しておくことが大切です。

例えば、給与明細などを自分で管理していない人が急に欲したりすると「何かあったのではないか、何に使うのか」と疑問を抱かれてしまう可能性があります。

そういった場合は、「収入証明書不要」で契約できるものを選ぶと効果的です。

収入証明書不要となる条件は各社独自の設定、もしくは規制の影響によって違ってくるため、事前に収入証明書不要となる条件をしっかりと確認する必要がありますが、それだけの手間を掛けても「バレない」と言う結果が得られるのであれば十分でしょう。

そんなばれずに借りれるカードローンとしておすすめなのがプロミスです。プロミスなら50万円まで収入証明書不要で借入が可能。スマホから申込みができ本人確認書類のみで即日融資が可能なので、ばれずに今すぐ借りたい方にも人気のカードローンとなっています。

プロミス

\30日間無利息!WEB申込で今すぐ借りるなら/

プロミス

収入証明書不要のキャッシング

収入証明書がないとキャッシングできない?

収入証明書不要でバレずにカードローンを利用する

バレないキャッシング会社選びの3つのポイント

収入証明書なし!電話連絡なしのカードローン

WEB契約申込で郵送物の届かないプロミスや最大180日間無利息のレイクなど、収入証明書不要でばれない人気のカードローン。各社それぞれ特徴が異なるので、こちらの一覧からぜひあなたにあったカードローン会社を見つけてみてくださいね!
収入証明書不要でばれないキャッシング会社はこちら

収入証明書不要でバレずにカードローンを利用する記事一覧

収入証明書不要なら契約の可能性が高まる!主婦がカードローンを利用する時、消費者金融系のカードローンの場合は「総量規制」の影響を受けるので希望の金額を借り入れられない可能性があるのですが、総量規制の対象とならない銀行カードローンを利用することで希望額の借入れを実現できる可能性が高くなります。もし、初めてカードローンを利用するという人であれば、消費者金融カードローンを利用した場合であっても「50万円以...

専業主婦がカードローンを利用するために必要なこと!基本的な部分として、カードローンを利用するためには「安定した収入がある」という事が非常に大切なことで、収入がない状態でお金を借りようとしても断られてしまうのが普通です。消費者金融や銀行がお金を貸すのは、貸したお金に対して発生する利息で利益を得るためである以上、返済される可能性が低く、貸し倒れになる可能性が高い人物に対しては融資を見送ります。また、現...

カードローンやキャッシングは使用用途が自由!日常生活をしていると家電や家具が突然壊れてしまったり、友人との交際費がかさんでしまう場合があります。消費者金融や銀行のカードローンやキャッシングは、使用用途が自由になっており、急いでお金を用意したい時は利便性が高いですが、配偶者や親などの家族に知られたくない人がほとんどです。カードローンやキャッシングの審査を受けた後は基本的に本人確認の電話がありますが、...

収入証明書不要で家族にばれないカードローンとは?カードローンを検討する上で一つ大切なポイントといえば、いかに必要な書類を少なくできるかということではないでしょうか?たとえばカードローンの申込みの際に必要となる書類として収入証明書の提示がよく言われますが、実際に収入証明書が必要となるのは消費者金融の場合50万円以上、銀行カードローンの場合は各銀行に委ねられており、通常は100万円〜300万円を超える...